吉見ブログ

【カクテルの楽しみ方】キミアのリキュールを使用したカクテル紹介!!

 

キミア

 

こんばんは、吉見です。

 

最近晴れ間が多くて嬉しいです。

豆知識ですが、陽の光を浴びるとビタミン D が得られるそうですよ。

 

前回に引き続きシリーズもののリキュールと、

そちらを使用したカクテルについてご紹介します。

 

前回の記事はこちら↓

スイーツバーASHIOTO公式HPはこちら

スイーツバーInstagramアカウントはこちら

 

今回は、ひとつ前に少し触れた金柑のリキュールについて。

キミアという名のリキュールの紹介をしています。

 

 

 

 

カクテルを楽しむ!! 金柑リキュール~キミア~を紹介します!!

 

キミア

 

ミスティア、プルシアと並ぶシリーズなのでお察しの方もいらっしゃると思いますが、こちらも南フランス原産のリキュールです。

 

アルコール度数は15%となっております。

 

甘酸っぱい果汁とほろ苦い果皮の味わいをそのまま抽出する果実丸ごとの浸漬酒です。また、隠し味として蜂蜜のようなアロマを合わせています。

 

ハニープッシュ、エルダーフラワー、オレンジフラワーの浸漬酒をブレンドし、華やかな香りに仕上がっています。

 

エルダーフラワーは以前ご紹介させていただきました。

 

パフェのペアリングの記事に細かく書いてますので是非そちらもご覧ください。

合わせて読みたい記事はこちら↓

 

では、

少し踏み込んで南フランスの金柑についても調べてみます。

 

 

南フランスの金柑ってなに??

 

金柑

 

金柑は和の印象がありましたが、

どうやらフランスのご家庭でも親しまれている食材だったようですね。クムカットという名だそうです。

 

日本の金柑はピンポン球のような見た目でまん丸ですよね。フランスでは楕円形の長実種のようです。

果皮が柔らかく、甘さとほろ苦さのバランスが良い種類で、果汁にしっかりとした酸味があります。

 

そんな金柑を使ったカクテル、

どのようなものになったでしょうか。

 

 

 

 

キミアを使用した、吉見のオリジナルカクテル

 

カクテル

 

お使いするのは、キミアとホワイトラム、オレンジジュースです。

 

キミアは金柑本来の味わいが強いリキュールです。

 

キミアだけでお作りすると、舌がピリ、とする独特の味わいが強くなりすぎると思ったのでホワイトラムも合わせてみました。ラムを加えた理由として、割材がオレンジジュースだけなので甘さを強めすぎずお酒感を出すため、というのもあります。

 

甘みの中に金柑の爽快感とラムの芯のあるアルコール感覚が加わり、飲み応えのある一杯となっております。

 

そんなカクテルと当店のスイーツはどれが相性がいいでしょうか??

 

 

 

スイーツバーASIOTOのスイーツとペアリングするなら??

 

シュゼット

 

クレープシュゼットがぴったりです!!

 

簡単にご説明しますと、オレンジのソースとバターでクレープを煮込んだスイーツですね。

 

当店でバニラアイスを添え、

更に炎の演出をしております。

 

写真映えするスイーツなので、

是非カメラに収めてください。

 

シュゼットのもともとのペアリングカクテルも柑橘系のものです。

 

こちらとはまた使うリキュールや割材が違うので、方向性が同じでありながら新しい味わいを提供できると思います。

 

金柑の味わいでさっぱりとしていますが、更に甘みを抑えたい方はソーダで割っても合わせていただけますよ。

 

また、こちらのカクテルとは全く別ですが、キミアについて調べていると興味を惹かれたカクテルもありました。

 

折角なのでそちらもご紹介させていただきます。

 

 

ホットキミアを紹介します!!

 

カクテル

 

名の通りなのですが、

キミアのお湯割りですね。

 

レシピではキミアとお湯だけだったのですが、個人的にはここに蜂蜜を加えたいです。

 

季節外れの話題になってしまいますが、冬の寒い時期にぴったりのカクテルだと思います。ゆったり、ほっこりと体が暖まりそうですね。

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

金柑のリキュール、

キミアをご紹介させていただきました。

 

個人的には扱いが少し難しいリキュールだという印象が強いです。

しかし、金柑本来の特徴が生きた味わいなので、金柑がお好きな方へはお勧めさせていただきます。

 

ご興味を持っていただけましたら、

是非当店でお試しください。

 

過去の記事はこちら↓

 

-吉見ブログ

Copyright© スイーツバーASHIOTO~スタッフblog~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.